福岡の知的財産・特許・商標に対応できる総合法律事務所|特許事務所

特許訴訟、特許出願、商標出願に対応できる福岡の法律事務所

事務所案内 infomation


福岡の法律特許事務所 法律判断は、難しい。
安部・有地法律事務所福岡特許事務所 単に、法律や判例を知っているだけでは、依頼人の満足する事件解決はできないし、裁判にも勝てません。

福岡特許事務所 依頼人に満足していただき、裁判にも勝つためには、生の法律のみならず、社会と人生に対する深い洞察力が必要です。

紛争や裁判は、自分にとって有利な場合だけでなく不利な場合もあります。
それを依頼者にどう説得し、納得していただくことができるかということは、
単に法律を知っていればできることではありません。

安部・有地法律事務所 それは長年の経験が必要であり、正義心、倫理観、人間や人生に対する多様な価値観を理解する能力が必要となってくるでしょう。

そのような、いわば当たり前のことを踏まえて依頼者の相談や信頼に応えるようにしようというのが 当事務所の基本です。 一般的に法律相談というと、高い相談料を払い、しかも堅苦しいイメージがあります。
そのイメージのせいで、早い段階での法律相談を受ける事を躊躇して好機を逸してしまう人が多くいます。
けれども、無料で法律相談を行っている事務所もたくさんありますしメールや電話等で相談を受けてくれる事務所も増えてきました。 相談内容に関しては、それぞれの事務所により、借金専門、離婚専門、債務整理専門…などの専門性を有している場合もあるので、聞きたい事柄を得意とする事務所を探しておくとよいでしょう。
福岡の知的財産に対応可能な特許事務所。 いわゆる「法律問題」が生じるなどということはあまり無いとは思いますが、「法律」というものがわれわれの生活に密接に関わっているのです。
不動産取引、会社の設立、結婚・離婚などといった人生の節目にあたる大きな出来事に絡む法律や、 親族同士・友人同士でのトラブル、雇用主とのトラブルなど、日常頻繁に起こりうる紛争に絡む法律に至るまで、法律相談の対象となりえます。

福岡の知的財産に対応可能な特許事務所 監督者とは、親権者、成年後見人等の監督義務者、代理監督者、事実上の監督者であり、 監督者としての義務を怠ったことについて責任を負うのであり、責任無能力者の違法行為自体について直接責任を負うのではない。
なお、未成年者などの不法行為者に責任能力がある場合には、その者に不法行為責任が認められるが、 その者が無資力である場合には事実上損害を賠償してもらうことが困難になるという問題を生じる。
判例は民法714条の規定は不法行為者に責任能力が認められる場合において 監督義務者につき民法709条の一般不法行為が併存的に成立することを妨げる趣旨ではないと解しており、 監督義務者の監督義務違反と未成年者など不法行為者の不法行為によって生じた結果との間に 相当因果関係が認められる場合には監督義務者は民法709条の一般不法行為責任を負うものとしている。 福岡の知的財産に対応可能な特許事務所


福岡の知的財産に対応可能な特許事務所



弁護士著書
移りゆく法と裁判

「移りゆく法と裁判」  安部 光壱 

市民の注目を浴びた事件や裁判、日常の法律問題や社会現象などを現役弁護士の視点から、 法律と裁判の本質・実態、弁護士の仕事・苦悩を綴ったエッセイです。

安部・有地法律事務所